マイナンバー副業バレる

マイナンバー制度の導入によって、多くのことが気付かれるとされています。特に注意しなければならないのが副業の存在であり、副業をしている人の多くが情報を知られてしまうこととなります。その理由として、マイナンバーについては企業に提出しなければならないので、そのナンバーが行っていることが会社に通知されることとなります。これは確定申告についても同様であり、副業をしているなら確定申告をして税金を払うこととなります。
税金を払っていることが分かると、この人が副業をしていることをマイナンバーによって通知されることとなり、結果的に行っていたことが分かってしまうことになります。当然分かってしまった以上、会社側から言われることが多くなりますし、副業禁止とされている会社となっていた場合は処分されることとなります。このようにマイナンバー制度を利用することによって、副業をしていることは簡単にわかってしまい、行っていることは今以上に気付かれることとなります。
気付かれないための方法としては、確定申告をしない程度の副業に留めておくことで、これならマイナンバー制度が始まったとしても通知されることはありません。ちょっとだけ副業で稼いでおくということであれば、通知されることが無いので安心できる部分は多くなります。しかし確定申告をしなければならないほど稼いでしまった場合は、マイナンバー制度によって完全に明るみになってしまうのです。"

更新履歴